小川正美 人生はホントの自分に戻る旅。

普通の会社員から離婚して無職になり一念発起、弁護士になった私の半生とこれからのライフワークを綴ります。

アート

アートが好き。美しいものが好き。

キンコン西野さんの日。

昨日、キングコング西野亮廣さんの講演会@文京シビックセンターを聴きに行きました。 先週、Facebookで友人がシェアしていて講演会の存在を知り、申込み、 せっかく行くなら本を読んでおこう、と思い、ビジネス書『新世界』を読み、 新世界 作者: 西野亮廣 …

才能は、誰も傷つけない。

昨日の記事の続き、というか、関連して。 美貌、環境、頭脳、教養、性格等々、様々な才能に恵まれている女性には、結構な割合で、嫉妬による無用なトラブルを避けるため、才能を隠す傾向があると思います。 (男性の場合、優しさや共感力等を恥ずかしさから…

つくづく桜は、特別な花だと思う。 花の中心が濃いピンクになると散ってしまうソメイヨシノの儚さ、美しさ、寂しさ。 新学期・新年度という新たな旅立ちのタイミングの不安、緊張。 待ちわびた春が到来した喜び。 きっと、誰しもの人生の節目節目の大切な心…

心の時代、アートの時代。

ブランディング?何それ美味しいの状態の、ブランディングのブの字もない、私の自己開示と思い付きとたまに宣伝の当ブログでございますが(ビジネスでの『戦略』がコントロール臭がして苦手なの)、 ちょっとまた新しい路線です。 前置き長くてすみません。 …

取り戻していいのだ。(バカボン風に)

若かりしころ、私は、楽しいことが大好きだった。 酔って寝ている友達のおでこに「肉」とか落書きしたり、 カラオケでピンクレディーやら中森明菜やらを絶唱して(もちろん、振り付き)、オーディエンスを煽りまくり、めちゃめちゃ盛り上げたり、 友達をあえ…

心の真ん中に、気持ちを置く。 ④片寄るときは、その痛みの意味を知るとき。

前回記事について、 「心に刺さった。」「私は、批評家だ、と思った。」「勇気が欲しい。」と、ご感想を頂きました。 感想を頂いたことが、私の気持ちに共感してくれたことが、ご自分も勇気を持ちたいと思ってくれたことが、とても嬉しい。 ありがとうござい…

自分という器の中にあるものと表現について。

表現することは、自分を見つめること。 自分という器の中にあるものを探す旅。 遥か昔と思っていた、忘れた、乗り越えたと思っていた出来事から、 その抑圧した感情を、思い出し、取り出して、 そっと両手で埃を払い、見つめてあげる。 長い間見ないふりをし…

心の真ん中に、気持ちを置く。 ③別の言い方をすれば、自己一致。

●これまでの記事 最近、ブログやSNSで、イベント等のPRをしていて感じたこと。 それは、自己一致していないと、人に自分(作品、商品を含む)を宣伝することは難しいということ。 例えば、古代文字であれば、私自身が、古代文字を書く楽しさ、美しさ、パワー…

未体験ゾーンに行きたくて。

いよいよ明後日! 天気は果たして大丈夫なのか? 大丈夫、どうにかなる!根拠ないけど!笑 昨年来、これまでやったことがないことを、公私にわたって、たくさん、経験した。 共同事務所にしたこと、実名ブログを始めたこと、イベントに出ること、やりたくな…

2月11日イベント@神楽坂 リーフレット作成の巻(Wordで。)

先日の記事に書いたように、神楽坂のイベントに古代文字を出品します。 2月11日(祝)、神楽坂駅すぐのココロノオフィスセミナールームにて、『キラキラマルシェin神楽坂』というイベントが行われます。 テーマは「頑張っているあなたにご褒美を」 オステオ…

思いがけずYouTubeデヴュー。

2月11日のイベントの告知動画に、なんと出演してしまった!! ああ、恥ずかしい。 でも、聞き取りやすい話し方や声のトーン、表情、効果音やテロップ等々、とても勉強になりました。 何事も、やってみて初めて分かる。 そして、いつもと違うことをするのは、…

女性性と仲良く。

自分の中のオンナと、仲良くしたい。 思考やロジカル優位、感情劣位の現代社会で。 「女を捨てるな(見た目が良くないのはよろしくないとされる)」 「女を使うな(ただし数字になる場合は使ってよし、等のダブルスタンダードもあり)」 「感情的になるな」…

内なる権威との葛藤。葛藤はカットせよ。なんちて。

先日の記事に書いたように、神楽坂のイベントに古代文字を出品します。 2月11日(祝)、神楽坂駅すぐのココロノオフィスセミナールームにて、『キラキラマルシェin神楽坂』というイベントが行われます。 テーマは「頑張っているあなたにご褒美を」https://w…

古代文字、天文学と印刷、そしてフトマニ。

印刷博物館の企画展示『天文学と印刷』を、古代文字の仲間たちと観に行った。昨年11月にも行ったので、2回目だ。www.printing-museum.org 印刷博物館のロゴマーク「みるちゃん」は、古代文字の「見」をアレンジした形。 常設展示には、古代文字をたくさん…

自分の作ったものが自分の手を離れること。

今年の3月に、古代文字(☆)の塾生展がありました。私は、『花鳥風月』という作品を出品しました。 塾生展に出品するのは2回目で、甚だ未熟ではありますが、その時の私なりにベストを尽くした作品です。 ※なぜか自分も入る。 私がたまたま在廊していた時に…

美しいものに触れる幸せがある。とお伝えしたい。

大阪と京都に旅行に行っていました。 京都御所の隣、同志社大学に敷地を貸しているという相国寺の承天閣美術館にて、「浮世絵最強列伝」を観てきました。 2色刷りから多色刷りへ、図版も増え、グラデーション、布地を使って凹凸を出す(名前を失念)などの様…

自然のアート ①

自然は、偉大なアーティストだと思います。 美しいものを、「美しい」と感じる感性は、どうして多くの人が共通しているんでしょう? どうして、人間は、太古の昔から、地球上のどこでも、 絵画を描き、音楽を作り、踊っていたのでしょう? どうして、人は、…

My Works (ancient KANJI characters)番外編 シルバーアクセサリー

私が書いた古代文字「称」を、 なななんと、 素敵なシルバーアクセサリーにして、プレゼントして頂きました!! アクセサリーを作って下さったのは、『Luster Lotus』さん。https://ameblo.jp/shaoran-love 古代文字の「称」は、穀物(のぎへん)を秤ではか…

『かみさまとのやくそく』 を観てきました。

ドキュメンタリー映画『かみさまとのやくそく』を観てきました。胎内記憶を語る子どもたちのインタビューと、研究者たちのインタビューです。 http://www.uplink.co.jp/movie/2018/51898 胎内記憶とその前の記憶(前世記憶、中間世記憶)を語る子どもたちの…

My Works (ancient KANJI characters)④

福島美生虎舟先生(https://m.facebook.com/bisei.fukushima)主宰の虎舟塾で、古代文字を習っています。 太古の人びとの暮らしや素朴な祈り、愛に思いを馳せながら、自分を無にすることができる静かで楽しい時間です。 ●「酒」 清らかな水から、瓶詰めされ…

西洋占星術を習いにいきます。

子どものころから、星が好きでした。 星の写真集を眺めては、土星の輪っかの不思議、〇万光年の不思議(そんな大昔の光が届くなんて!)に、ときめいていました。 この広い宇宙には絶対に宇宙人がいると思っていたし、 何なら太陽の向こう側に地球とそっくり…

「今、証明されていること」の先にあるもの。

私は、パワースポットが好きです。 神社仏閣、島、山、森、海、丁寧な生活空間、ライブ空間。 そして巨大な力が動く場所。 (霞が関もそういう意味で好きです。何なら東京自体がパワースポットだと思ってます。) こうした場所に行くと、 これまで自分の器だ…

My Works (ancient KANJI characters)③

事務所の応接室用に、古代文字を書きました。 半紙の半分のサイズです。 ●「至」 矢が地面に突き刺さったカタチ ●「星」 「生きる」、大地から新しい樹木が生えているカタチに、周辺は煌めく光。 …はてなブログで、写真を縦向きに回転させる方々が分かりませ…

My Works (ancient KANJI characters)②

●「龍」 (りゅう) 龍は、水の神の姿とされる。 人間の身体の三分の二は水分から成る。 龍は、土地のみならず、それぞれのヒトにも存在するのかもしれない。 龍 …頭に辛字形の冠飾をつけた蛇神の獣の形。この種の冠飾は鳳・虎にもみられる もので、霊獣たるこ…

My Works (ancient KANJI characters)①

福島美生虎舟先生に師事し、古代文字を習っています。 遥か昔は神々に捧げられてきた書には、プリミティブな美しさとパワーを感じます。 ●「酒」 “Sake“ means alcoholさんずいは、水。 神様に捧げるお酒を造る清冽な水源の滝のイメージで、直線的な線にしま…