小川正美 人生はホントの自分に戻る旅。

普通の会社員から離婚して無職になり一念発起、弁護士になった私の半生とこれからのライフワークを綴ります。

パートナーシップ

私が子どもを持たなかった意味は。

皆さま、こんにちは!愛し合っていますか? 今日、事務所に行く道すがら、私が子どもを持たなかった理由について、ふと思いつきました。 センシティブな話題なので、読みたくない方は読まないで下さいね。 そもそも、私は、実は、心底子どもが欲しいと思った…

今更、『Love Actually』を観た。

皆さま、こんにちは!愛し合っていますか? あのう、ものすっごい今更なんですが、私、今日、Amazonプライムで、映画『Love Actually』(2003)を観ました。昔からたくさんの女子たちにオススメされ続けていましたが、やっと、初めて観ました。17年越しって…

クリスマスの雰囲気が好きだ。

クリスマスが近づくと、街が何だかほっと温かい空気に包まれるような気がする。 きっと、みんな、 クリスマスツリーやリースを見ては幼い頃飾り付けをしたことやサンタクロースにプレゼントのお願いをしたこと、子どもにプレゼントを準備したことを思ったり…

別れる予定の相手からでも、別れた相手からでも、愛情はありがたく頂戴して良いと思う。あなたの愛の器の養分になるから。

私は、職業柄、離婚する予定の方や既に離婚した方々と、普通の人より数多くお会いしてきました。 そこで感じるのは、離婚したい側の愛情の受取り拒否です。絶対的拒絶と言ってもいいくらい。男女は関係ありません。他に好きな方がいるかどうかもあまり関係な…

自分の本音を知る。意外と難しいけれど、とても大切。

人は鏡、とはよく言ったもので、私たちは、自分の感情を人に投影する。 人に優しさを見出だす時は、自分の中に優しさがあるからその人の優しさを見ることができるし、同様に、自分が嫌っている欠点(と思っている部分)、例えばそれが傲慢さなら同じように傲…

逆ギレをさせないために、できること。

www.masamiogw.com この記事を改めて読み直して、読み手によっては、私がこの小学生男子のことをずいぶんと見下しているように読めるかもしれないなあ、と感じました。「私は優等生だけど彼は違う」みたいに言っているように、読めなくもないかもしれない(…

男女七歳にして席を同じうしていた頃。自分の感情にしか意識が行かないと相手が見えなくなる。

皆さま、こんにちは!愛し合っていますか? 突然ですが、私は、共学育ちです。 男女7歳だろうが12歳だろうが18歳だろうが隣の席には男子がいることが多かったです(高校はぴったり隣ではなく1つ1つの机が独立していましたが)。 あれは、小学校1年生…

自分に集中することの大切さ。

みなさま、こんにちは! 愛し合ってますか? 人のことが気になって仕方ない時って、ありますよね。 例えば、 自分でも少し自信がない仕事について、上司や同僚が悪い評価を下しているような気がする、 飲み会、サークル、友達とのお茶などの人の集まりでの自…

限界の愛。

私は、仕事柄、 お互いに、このボールを捕れるものなら捕ってみな!というくらい、豪速球を投げて、 愛情を試し合っている そういうことが重なって、疲弊し合って、もうダメだと思いながらギリギリのところで踏みとどまっていて、 「もう、これでダメだった…

爪痕を遺したくて続けるような恋について。

皆さま、こんにちは! 愛し合っていますか? 何だかカッチョいい感じの詩人風タイトルをつけてみました。 相手に、自分の思うように愛されなくて、何とか自分の爪痕を遺したくて。 自分の愛には価値があるんだと証明したいから、愛の名の元に、相手の全てを…