小川正美 人生はホントの自分に戻る旅。

普通の会社員から離婚して無職になり一念発起、弁護士になった私の半生とこれからのライフワークを綴ります。

私の半生

自己紹介ロングバージョン。

私でなければダメな仕事なんて存在しないと思っていた。②

続きです。 入社2年目にハードワークをして、私は、 自ら、「私でなければダメな仕事なんてこの世界にはない。」という、強く硬い観念を強化し、 「ていうかむしろ、自分でなければダメな仕事を作るなんて社会人失格!」と自分を追い込んだのでした。 今で…

16年目のありがとう。

僕は変わるつもりはない。 別れたくはない。 でも、君が別れたいというなら仕方ない。 元夫に言われ続けた言葉。 私は、彼が法的には有責配偶者であることを理由に、彼を変えようとして、あの手この手で宥めすかし、犠牲をし、責め続けた。 彼が心地よくいら…

私の半生 ⑦合格、そして弁護士になる。

母が亡くなった後、 私は、本当に多くの人達に助けて貰いながら、生き延びてきました。 このことを書くのは少し憚られるのですが(でも書いちゃう)、 特に、当時付き合っていた彼には、本当に精神的に助けて貰いました。 感謝の気持ちが伝わるといいな、と…

私の半生 ⑥ロースクール入学、母の死

☆前回 私の半生 ⑤ロースクール受験を決意(後編) 母を助けられなかった。 https://masamiogw.hatenablog.com/entry/2018/08/02/011930 母を助けられなかった思いを抱えた、崖っぷちの私は、 ついに本当にがむしゃらになる時が来たとばかりに、地元の横浜国…

私の半生 ⑤ロースクール受験を決意(後編) 母を助けられなかった。

崖っぷち、がむしゃらにやるしかない!という理由に加え、 私には、もう一つ、ロースクールに行こうと決意するきっかけとなった大きな出来事がありました。 時間は前後しますが、私が離婚して、司法書士試験の勉強をしていたときに、母が勤務先から定年を理…

私の半生 ④ロースクール受験を決意(前編) 崖っぷち!

親友からのロースクール受験の誘いに、私は、少しの間、迷いました。 当時は、ロースクール制度が始まったばかりで(私達は2期なので1期が入学した直後から受験が始まりました)、どの学校も合格倍率は10倍程度の大変な人気でした。 ロースクールに合格…

私の半生 ③離婚、そしてがむしゃらへ。

私が青春時代にやりたいことにチャレンジしなかった主な理由は、 ①がむしゃらに頑張ったのに失敗した時に傷つくのが怖かった。 ②普通でいたい、目立ったり変わっていると攻撃されることが怖かった。 でした。 とにかく、怖かったのです。 父が亡くなった時の…

私の半生 ②普通になりたかった青春時代。

今日は、いきなり小自慢から始めます。 子どものころから、私は、勉強はかなり得意でした。 弁護士を目指すことに決めてロースクールに入学してからは本当に必死に勉強しましたが、それまでは、勉強に関しては、そこそこ真面目にやって、そこそこ満足の結果…

【振りかえりと表現のススメ】『私の半生』を①しか書いていないのにラクになった件。

私の半生シリーズを続けようと思い、昨日、②を途中まで書きかけました。 が、何となく、筆が進まず。いや、正確に言うと、筆は進むのですが(文章を書くのが好きなので)、事実をずらずらと書いただけの内容をブログにアップしたところで、 読んで下さる皆さ…

私の半生 ①自然の中の原風景と父の死

まるで私小説のように長くなりましたが、今悲しみを抱えている必要な人に届くように、シリーズで書いてみようと思います。 私は、転勤族の会社員の父と専業主婦の母の間に長女として生まれ、3つ離れた弟との4人家族でした。小学校3年までの間に、愛媛、大…