小川正美 人生はホントの自分に戻る旅。

普通の会社員から離婚して無職になり一念発起、弁護士になった私の半生とこれからのライフワークを綴ります。

謎の言動をする夫たち。根底には愛があるような気がしてならない。


夫たちの動きが、奇妙だ。謎だ。


と、ここ数年のあいだ、感じております。


私が離婚等の男女問題で女性のご相談やご依頼を受け、話を伺うと、

相手方の男性は、不貞などの分かり易い離婚原因があるわけではないけれども、
とにかく女性には理解し難い言動を取っている。ということが多くあるのです。


男性側のご依頼の際にも、
私からみるとクライアントの言動が理解し難く、結局、ご依頼を受けるのが難しいこともありました。



🌻🌻🌻🌻



具体的には、どのように、夫たちの言動が謎なのか。


特徴を挙げると、

ちょっとびっくりするほど強気に、ウソをついてでも自分の正当性を主張する(=悪いのは全て妻、ボク悪くないもんね、との主張)、

婚姻関係又は子どもに対する執着が強い(妻自身に対する愛情を示すことはない、又は口先だけに聞こえる調子で「愛しているから別れない」などと言う)、

モラハラ的な態度(無視、暴言、子どものような意地悪、気に入らないことがあると婚姻費用等を払わない)


といったところでしょうか。



透けて見えるのは、

彼らの自信のなさ、その裏返しとしての表面上のプライドの高さ、
家族を失う恐怖感、
緊急事態の小動物的な感じ、
幼稚さ、
女性へのルサンチマン


🌻🌻🌻🌻


年代的には、30代から40代。
たまに50代の時も。


背景には、
日本経済の長期低迷、女性の社会進出、高度経済成長或いはバブル期への嫉妬、親世代の昭和的夫婦観とのギャップ、等々さまざまな問題が複雑に絡み合っているのでしょう。


🌻🌻🌻🌻


謎の言動を取る彼らを、私は、当初、


「理解不能で憎たらしい言動を取る謎の生き物」
「人を嫌な気持ちにさせる天才」


と思っていました。

いや、今でも、思っていることは確かです。


ただ、
そうした彼らの愛しにくい言動は、

不安や恐怖や悲しみに基づく叫びであり、

もっと深い根底には、


「人を愛したい。(のに上手に愛せない)」
「こんな自分でも愛してほしい。」


という愛が流れているように思えてならないのです。


🌻🌻🌻🌻


もちろん、私は、モラハラやDVを許容するものではありません。

傷ついて傷ついて這う這うの体の女性が、こんなに分かりにくい、受け取りにくい愛を受け取ることは著しく困難だし、
まして、
愛することはもっと難しいと思います。


たいていの方は、「もう無理、限界。」と感じて、一念発起して弁護士を訪ねてこられていることを考えると、
彼らに愛があるのでは、とはとても言えません。


ただ、「もしかすると、彼なりの愛情表現なのかもしれませんね。」と、示唆するに留めるのみです。



そして、ただただ、
ここまで傷つけ合うほど深い愛があった2人の関係を、少し俯瞰して見つめていくのみなのです。


🌻🌻🌻🌻


みなさま。

やっぱり素直がいちばん。

大切な人は、大切に。


この文を読んで下さった一人でも多くの方が、幸せな気持ちを味わえますように。



f:id:masamiogw:20180921233635j:plain